【土浦市T様邸】健康を意識した建材と、塗装の技術が光る、カントリースタイルの住宅!

土浦市のT様邸は、弊社が提携しているアンカーハウジング株式会社の吉山社長からの紹介で、御縁を頂きました。

アンカーハウジングが建てる家は特徴があり「アメリカスタイルの高級住宅」です。

T様は、アンカーハウジングの家をご覧になり、共感しこの家を建てたいという夢をお持ちでした。

しかし、ご予算の都合上アンカーハウジングの家を建てるのが難しい状況でした。

そこでアンカーハウジング株式会社の吉山社長がお考えになったのが、リーズナブルで高品質なカントリースタイルの建築住宅です。

和歌山市所在の優しく温かみのある家を建てられている、リバティハウスの東社長の教示を弊社が受け今回の建築に至りました。

暮らしやすい機能的な家事導線を重視した設計が特徴!

カントリースタイルの家は、暮らしやすさを重視して設計されているので、玄関、LDK、水廻り等をつなぐ機能的な家事導線になっています。

また、床材は無垢板貼り、内装はクロス壁紙、左官西洋漆喰(さかんせいようしっくい)と、各部屋それぞれ違った味わいがあります。

また、カントリースタイルの家は、健康に良い建材を使います

屋根は素焼き瓦、外壁はサイディングで、アメリカの映画に出てくるような作りとなっています。

T様邸の建築塗装工事の技術ポイント

【西洋漆喰の壁】

西洋漆喰の壁は、意匠性を高めるため寒水石(細かな石)を入れて凹凸をつけます。

手でさわっても痛く無い様に凹凸かつなめらかの微妙な加減で仕上げるのがポイントです。

【床は自然オイルをムラなく塗装します】

床は、無垢板に自然オイルを塗装するのですが、全体にむらができないように注意をして塗るのがポイントです。

工期は地盤調査から完成まで、約5か月間

躯体は2×4工法で、柱が20インチおきに建ててあり、地震に強く木の温かみがあります。

断熱材はカナダで開発され、北米大陸の極寒や酷暑、乾燥地帯、日本以上の高温多湿地域で使用されているアイシネンを内壁全体に吹付けており、高気密、高断熱に対応しています。

 

カントリースタイルの建築住宅の外壁塗装の施工実績が豊富な、

石川建装へのお問い合わせはこちら→【お問い合わせフォーム