<施工写真> 塗装工事の流れ

塗装の施工の流れについて解説いたします。

高圧洗浄

15Mpa程度の水圧で高圧水洗浄します。

養生

高圧洗浄をしたあと、汚してはいけない所を、全てビニール等で覆います。

タスペンサー挿入

コロニアル屋根の「縁切り」の為に使用します。

縁切りを行わないと、屋根裏に侵入した水が抜けず、屋根の下地(木材等)が腐食して雨漏りの原因に繋がります。

更に室内から上がってくる温度・湿気による「内部結露」を防ぐ役割もしています

屋根 下塗り塗布

屋根用シーラーを塗ります。

下地と塗料の密着度を高めます。

屋根 中塗り塗布

屋根 上塗り塗布

軒天上 1回目

軒天上は、アクリル塗料を塗布します。

防カビ成分も含まれています。

軒天上 2回目

2回塗りで仕上ます。

壁 下塗り

屋根同様、壁もサイディングシーラーを塗ります。

下地と塗料の密着度を高めます。

壁 中塗り塗布

「中塗り・上塗り」は、言い方は違いますが、同じ材料を2度塗ります。

人が作業する為1回だけでは、塗装面に対して均一に塗布できないからです。

更に十分な塗布量をつけるために2度同じ材料で塗ります。

壁 上塗り塗布

破風板 木部下地

塗装は、下塗りが肝心です。

下塗りが雑だと最後の仕上げにも影響して来ます。

それぞれ下地に合わせた材料で下塗りを行います。

鉄部 下塗り

鉄部用下塗りは、錆止めの効果も含まれています。

破風板 中塗り塗布

破風板 上塗り塗布

雨戸 塗装

今回、雨戸の塗装は吹付で行いました。

雨戸の場合、波板になっており枠との隙間も多い上に細かいので吹付の方がきれいに仕上がります。