リタイアメントハウスと言う提案~美しくなければ家ではない~

RETIREMENT HOUSE

リタイアメントハウスと言う提案

赤い瓦と屋根の上の塔が印象的なメディタレイニアン・スタイルの家。
田園に囲まれた、この家は「リタイアメントハウス(退職後の家)」として建てられました。
友人を招いたり、ゆっくりと趣味を楽しんだり、
生活にゆとりを求める人への、新たなコンセプトの提案です。

「美しくなければ、家ではない」~一倉 定先生とワインを酌み交わし、いただいた言葉~

米国法人アンカーハウジングの家は優れたロサンゼルスの住宅ノウハウを取り入れ、日本人、日本の気候風土に適合させた美しい物(建物、家具、食器、絵画等全ての物)はどんな時代でも世界的に価値が認められ残されていきます。二十年ほどで建てかえられる日本の家は「美しい家ではない」と考えます。「美しくなければ、家ではない」を基本コンセプトとして「感動する家」を日本中に建設していきます。

「世界基準の住環境創造」~ピータードラッカー先生とワインを酌み交わし、いただいた言葉~

世界は今一つの村のようになってまいりました。同時衛星中継はあたりまえ、通信も日本で隣の家とコンタクトするのと同じように世界中の人とコンタクトが可能になりました。
車、家電、衣類等は世界で通用する物しか売れない時代です。またスポーツ選手も一流選手は国境を越え活躍しています。
家もまた同じようになってくる時代と確信しています。アメリカ人、イタリア人、中国人、日本人等、世界中の人が欲しがるような家が要求され、建築される時代です。そして資産価値となる家になり子孫へ受け継がれていくでしょう。
「世界基準の住環境創造」を基本コンセプトとして「資産価値となる家」を日本中に建設しています。

施工事例

ラフスケッチ

Before→After

施工例

↑ PAGE TOP